もうひとつの全日本[ 全日本シンクロ ]

 

2月になりました! いよいよ来週は平昌オリンピック開幕です。

フィギュアスケートは9日から団体戦が始まりますが、同時期(2/10・11)に国内では、もうひとつ大切な大会が開催されます。

▶第24回全日本シンクロナイズドスケーティング選手権大会

 兼世界シンクロナイズドスケーティング選手権大会2018 最終選考会(要項PDF)

 

16名のチームでフォーメーションの美と変化、調和を競うシンクロナイズドスケーティングは、2000年から第1回世界選手権大会が始まった、まだ新しい種目です。今回の平昌では叶いませんでしたが、五輪の正式種目を目指して強化が進んでいる注目の種目でもあります。

 

チーム構成はルール上男女混合ですが、現在は女子のみのチームが主流。1人でも華やかなフィギュアスケート女子が16人で(国内大会では人数が規定に達しないチームもあります)氷上を舞う姿は、まるでリンクに花が咲いたよう。円や十字、ラインを描き、次々に隊形を変えていく、万華鏡のような美しさ。そして女子同士のリフトなど、ほかの種目にはない技も見ることができ、ルールを知らなくても楽しく鑑賞できる魅力がいっぱいです。

 

2月10日(土)は開会式とショートプログラム、11日(日)がフリースケーティングと表彰式。

会場は笠松運動公園アイススケート場(茨城県ひたちなか市)です。

お近くの方は、週末ちょっと足を運んでみられてはいかがでしょう。

 

※『 フィギュアスケート手帳2017-18 』での記載について

手帳には3月のページに「*前年同月開催」として「*全日本シンクロナイズドスケーティング」を掲載しています。入稿〆切り後の公式発表のため、日程を掲載することができず申しわけありませんでした。

 

May the FS be with you. フィギュアスケートがあなたと共にありますように

愛すスケート雑貨 FS.loveit  https://www.fsloveit.com

 

0